大人気のメンズジャケット「ブルゾン」とは?コーデも合わせてご紹介!
2019/11/22 18:00
image_top_photo

近年人気が上がり、メンズコーディネートに欠かせない存在になったブルゾン(blouson)
一言にブルゾンと言っても、いったいどれがブルゾンなのかよくわからないまま使ってしまったり…。

今回はブルゾンとジャケットの違いや、おすすめのメンズブルゾンをご紹介!
アウターのブルゾンを賢く使って、メンズコーデをスタイリッシュに決めましょう!

  1. ブルゾンはジャケットと違う?
  2. デザイン性バツグン!メンズブルゾン
  3. シックでモードなブルゾン
  4. ストリート感をプラス
  5. ブルゾンを使ったメンズコーデ
  6. ブルゾンで秋冬をファッショナブルに!

ブルゾンはジャケットと違う?

似ているものとして「ジャケット」「ジャンパー」の2つが挙げられますが、ブルゾンと何が違うのでしょうか?

image_free_photo

「ジャケット」は丈の短い前開きの上衣(上半身に着る服)という大きな意味合いを持ち、日本ではテーラードジャケットのようにシャツの上に着るものを指します。
対して「ジャンパー」は作業用、スポーツ用などで使用されるゆったりした活動的な上着の事を指し、ジャケットの種類のひとつとして数えられています。

「ブルゾン」はフランス語でジャンパーの事を指しますが、日本ではそのジャンパーの裾部分をよりゆったりとさせてベルトやゴムなどで絞ったもので、ファッション性が高いものをブルゾンと呼んでいます。
つまりブルゾンを区分けしているのは日本独特のファッション文化であり、近年のファッションに取り入れられるようになったジャケットのひとつということになりますね。

若干ややこしくも思えますが、3種を区分することによってコーディネートもより多様なものへと進化していったのです。

デザイン性バツグン!メンズブルゾン

そんなファッションに特化していったブルゾンはデザイン性が高いものばかり。

image_free_photo

モードなコーディネートやカジュアルにストリート感を出したりと、コーデの系統によって印象もがらりと変わります。
ブランドによってデザイナーの趣向なども変わるため、好みのブランドのブルゾンでスタイリッシュに決めることができます。

また、主にナイロンで作られたブルゾンが多く見られますが、レザー素材を使ったブルゾンも存在し、ロックな雰囲気を出すことが可能です。
まだまだ新しいジャンルであるブルゾンですが、これからも様々な方向へと進行し、ファッショナブルなデザインを見せてくれるでしょう。

シックでモードなブルゾン

シンプルな見た目のブルゾンはコーディネートも自由自在です。

image_free_photo

アンクル丈のスラックスにシャツを使ってシックな印象をプラスしたり、スキニーにオーバーサイズのシャツやニットを使ってモードなコーデを演出することも。
動きやすさもあるためスポーティなイメージも加えることができますね。

また、前を閉めてスタイリッシュなコーディネートにすることで、よりシンプルで洗練されたファッションを作ることができます。
レザーのブルゾンを使えばモードな印象に男らしさを加えてワイルドなコーディネートも可能です。

落ち着いたカラーを使ってシックなブルゾンコーデを楽しんでみては?

ストリート感をプラス

また、ストリートスタイルにもブルゾンは大活躍。

オーバーサイズのトレーナーに幅がワイドなパンツを使って思いっきりストリートなコーディネートを作ってみたり、ラフにジーンズにハイカットのスニーカーを使ってみたり…。
ファッション性の高いブルゾンならではの楽しみ方です。

blouson

あえて大きいサイズのブルゾンを使って、着崩して使うとストリートスタイルに抜け感も出てファッショナブルなコーデにするのも良いですね。
着方によっても印象を変えることができるマストアイテムです。

ブルゾンを使ったメンズコーデ

そんな便利なブルゾンですが、場合によっては野暮ったくなってしまったりコーディネート全体の色合いが暗くなってしまうことも。
そういったことを避けるためにも、コーデでは暗くなりすぎないことを注意しましょう。

また、前を閉めることでスタイリッシュなファッションを楽しむことはできますが、コーデによってはかっちりしすぎてしまいます。

次からはそうならないための注意点を軽くご説明いたします。

暗くなりすぎないように

コーディネートで気を付けるべきなのがコーデ全体の色合いです。
統一感のあるコーディネートを楽しむことも出来ますが、暗くなりすぎると見た目が重いファッションになってしまいます。

重くなりすぎないようにインナーのシャツは明るい色にするなど、バランスを整えるようにしましょう。

ホワイトやベージュカラーのシューズを使うことでもバランスが取れ、コーデにまとまりを加えてくれます。

自分なりのバランスの整え方を決めて、モードなコーデを楽しみましょう。

前を開けてラフに使って

ブルゾンの前を閉めることでスタイリッシュなコーデにすることができますが、スキニーなどを使っている場合は全体がスマートになりすぎて、カッチリとした印象になることも。
もちろんそういったコーディネートの仕方もありますが、春や秋などの季節では少し暑苦しくなってしまいます。
季節によってコーデを変えたりすることでよりファッショナブルに楽しむことができます。

また、ブルゾンはゆったりとしたアウターになるため、カジュアルなコーディネートになります。
ワイドなボトムスにオーバーサイズのシャツ、そこにブルゾンをプラスしてしまうと全体が野暮ったくなってしまうことも。

あえて外し役としてスキニーを使うことでキレイめなカジュアルコーデにすることができます。

ブルゾンで秋をファッショナブルに!

blouson

いかがでしたか?

ブルゾンは秋から冬にかけて、見た目の軽いカジュアルコーデを作ることができるアイテムです。
モードにストリートに、自分の好みのファッションにブルゾンをプラスして、モダンなコーデを楽しみましょう!